心と体

更年期の疲労感

更年期の症状で、疲れが何日も取れないという事があります。

いわゆる、疲労感、倦怠感が何日も続く状態です。

特に激しく運動をしたわけでもないのに、疲れが続く、動くのがおっくうになるなどの症状が出てきます。

これは、自律神経の乱れによる一時的な体の変調です。

したがって、いつまでも続くわけではありません。

若い頃に比べれば時間がかかりますが、やがて症状もなくなっていきますから、気長に待つ事も大切です。

仕事もなるべく負担が軽くなるように心がけ、時々休む事。

そして、疲れやすい症状を周りの人にもわかってもらうほうが良いので、だまっているよりも正直に言ったほうが理解が得られます。

また、普段から定期的に軽い運動を行う習慣をつけておくのもよい方法です。

ウォーキングや軽いヨガなど、少し汗ばむ程度のものがオススメです。

その他のカテゴリー

更年期症状

  • 更年期症状
無料ブログはココログ